無料ブログはココログ

« 花ざかり 過ぎればすぐに 小さな実 | トップページ | ものが二重に見える!! 上斜筋麻痺!! »

2018年5月16日 (水)

小さな春の使者 メジロのヒナ

 こんばんは、陽だまりミカンの土居です。

日本中真夏の様な暑さです。

Cimg4674


今回はメジロのヒナの登場です。

巣立つ頃にはとても良い声で啼いています。

昔は、方言かもしれませんがこの頃のヒナを ”たちご” といって人気がありました。

 ”たちご” とは巣立つ頃のヒナといった意味でしょうか?

Cimg4692


この巣から、おっかなビックリで巣立ったばかりです。

私が驚かしてしまったからです。

まだ自由には飛べないようです。

Cimg4694


ミカンの木には、この他にホオジロやヒヨドリなども巣をつくります。

卵から孵ると二週間くらいで巣立つようです。

メジロの巣は体に合わせて小さく、繊細です。

Cimg4675_2


Cimg4695
この木は甘くて平らな 甘平 (カンペイ) です。

« 花ざかり 過ぎればすぐに 小さな実 | トップページ | ものが二重に見える!! 上斜筋麻痺!! »

季節の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1988817/73494207

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな春の使者 メジロのヒナ:

« 花ざかり 過ぎればすぐに 小さな実 | トップページ | ものが二重に見える!! 上斜筋麻痺!! »