無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月26日 (火)

愛果28号育ってまマス!

  こんばんは 陽だまりミカンの土居です。

Cimg4841


愛果28号が順調に育っています。

昨年は秋の長雨と台風でサンザンな目に会いましたが、

今年は無事育って欲しいものです。

Cimg4837


よく花が着く品種で、ようやく花の残骸が見えなくなりました。

梅雨の晴れ間には、清々しくさえ見えます。

Cimg4843
今年は雨も適度に降り、晴れ間もあるので順調に育っています。

Cimg4838


私の指の太さからしても3cmは若干超えているでしょう。

Cimg4846
出来るだけ早めに摘果(果実を間引く作業)をしなければ

と思っています。


2018年6月21日 (木)

ミカン園周辺、「竹」 と 「シュロ」

  こんばんは 陽だまりミカンの土居です。

Cimg4766

当地のみかん園は、平らなところは殆どありません。

以前栃木の 「トチオトメ」 (イチゴ) の視察に行ったとき

傾斜地が全くといって無い事に驚いたことがありました。

まさにリヤス式半島の典型的な地形といえましょう。

その園地の周辺には

「笹竹」 や 「シュロ」の木がよく生えてきます。

Cimg4768
Cimg4777
実際この場合、同じ場所にあります。

Cimg4770
幼い竹の向こう側にシュロが見えています。

竹はミカン園に大敵ですし、シュロも厄介ものです。

竹は根が伸びてどんどん広がってきますし、

シュロも鳥が種でも運ぶのか、園地の周辺にはよく見かけます。

Cimg4775

どちらもこまめに片付けないと広がって困ります。

シュロはチェーンソーでも手こずる繊維です。

Cimg4759

この木の左側奥に見えているのが今日の主役です。



2018年6月12日 (火)

オオスズメバチ!?

  こんばんは  陽だまりミカンの土居です。

ミカン山には、様々な昆虫やそれに似た生き物がワンサカ居ます。

ハチの類、とりわけオオスズメバチも脅威の一つです。

Cimg4721

この日も、突然眼の前に現れたこのハチを叩き落としてしまいました。

もし落とせなかったら、刺されていたかも???。

Cimg4723


大きさから調べてみてもオオスズメバチの女王蜂かな?と思われます。

いかにも怖そうな色味、毒々しい濃い色です。

よくも刺されなかったと ホット 一息です。

Cimg4725
ミカン山で仕事をしていると、独特の 「ブーン!ブーン!」と抑揚のある

羽音をさせながら近寄って来ます。

どうにもならないときは帽子とか、剪定道具とかを持っているので

それで追い払ったり、叩いたりします。

Cimg4720


とっさの出来事で、どうにも躊躇する余裕はありません。

刺された人も多いですし、私も刺されたことは一度や二度ではありません。

ま、ハチの種類までは本当には解りませんが・・・、なんせ痛いもので・・・。

こんな危険も時々あります。

2018年6月 8日 (金)

梅雨の晴れ間の ”ホタルブクロ”

  今年もこの可憐な野草に出会えました。

Cimg4783


ミカン山でもここだけに咲く花です。

ナンと言っても、この名前がいいじゃないですか!  ”ホタルブクロ”

Cimg4780_2


いにしえの方が偶然この花に入ってしまったホタルを見たのでしょうか?!

Cimg4788


当地は田園地帯では無いので、ホタルが飛び交うことはありませんが

想像するだけで幻想的な絵が想像できます。

Cimg4781


ホームセンターの園芸コーナーなどでは、改良種もあるそうですが

この自然の素朴さがいいですね。

白に微かな斑点の様な模様が活きます。

この周辺は草刈りに気を遣います。

2018年6月 6日 (水)

花梨の実が太っています

こんにちは、陽だまりミカンの土居です。

梅雨に入って、ようやく梅雨らしい天気になってきました。

Cimg4735これは何だと思いますか?

そう、花梨の幼果です。

もう5センチ以上になっています。

Cimg4729
木全体はこんな感じ、高さ3メートル位、10年生位です。

Cimg4733
何個も成っています。

Cimg4730_2


喉や咳に効くらしいので秋の収穫が楽しみです。







« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »