無料ブログはココログ

季節の風景

2018年7月14日 (土)

平成30年7月豪雨体験!

まさか宇和島市吉田町が全国ニュースのトップになるとは!

20180714_141504

ミカン園に、こんな大きな木が流れてきています。

20180714_141209


園の上手の山の崩壊で、園の真ん中に竹ヤブができそうです。

これから別の園地ですが、下の4枚は被害の前1枚とあとの画像3枚です。

Photo


20180714_105824

Cimg4970


Cimg4971


他にも多数あります。

大事な愛果28号の園地は無事でした。

幸い我が家は殆ど被害は免れました。

まだまだ農道も通れないところもおおいのですが、

順次みんなで通れるように作業しています。

もちろん、家の片付けの終わった人のみで頑張っています。

全国からのご支援ありがとうございます。

2018年6月21日 (木)

ミカン園周辺、「竹」 と 「シュロ」

  こんばんは 陽だまりミカンの土居です。

Cimg4766

当地のみかん園は、平らなところは殆どありません。

以前栃木の 「トチオトメ」 (イチゴ) の視察に行ったとき

傾斜地が全くといって無い事に驚いたことがありました。

まさにリヤス式半島の典型的な地形といえましょう。

その園地の周辺には

「笹竹」 や 「シュロ」の木がよく生えてきます。

Cimg4768
Cimg4777
実際この場合、同じ場所にあります。

Cimg4770
幼い竹の向こう側にシュロが見えています。

竹はミカン園に大敵ですし、シュロも厄介ものです。

竹は根が伸びてどんどん広がってきますし、

シュロも鳥が種でも運ぶのか、園地の周辺にはよく見かけます。

Cimg4775

どちらもこまめに片付けないと広がって困ります。

シュロはチェーンソーでも手こずる繊維です。

Cimg4759

この木の左側奥に見えているのが今日の主役です。



2018年6月12日 (火)

オオスズメバチ!?

  こんばんは  陽だまりミカンの土居です。

ミカン山には、様々な昆虫やそれに似た生き物がワンサカ居ます。

ハチの類、とりわけオオスズメバチも脅威の一つです。

Cimg4721

この日も、突然眼の前に現れたこのハチを叩き落としてしまいました。

もし落とせなかったら、刺されていたかも???。

Cimg4723


大きさから調べてみてもオオスズメバチの女王蜂かな?と思われます。

いかにも怖そうな色味、毒々しい濃い色です。

よくも刺されなかったと ホット 一息です。

Cimg4725
ミカン山で仕事をしていると、独特の 「ブーン!ブーン!」と抑揚のある

羽音をさせながら近寄って来ます。

どうにもならないときは帽子とか、剪定道具とかを持っているので

それで追い払ったり、叩いたりします。

Cimg4720


とっさの出来事で、どうにも躊躇する余裕はありません。

刺された人も多いですし、私も刺されたことは一度や二度ではありません。

ま、ハチの種類までは本当には解りませんが・・・、なんせ痛いもので・・・。

こんな危険も時々あります。

2018年6月 8日 (金)

梅雨の晴れ間の ”ホタルブクロ”

  今年もこの可憐な野草に出会えました。

Cimg4783


ミカン山でもここだけに咲く花です。

ナンと言っても、この名前がいいじゃないですか!  ”ホタルブクロ”

Cimg4780_2


いにしえの方が偶然この花に入ってしまったホタルを見たのでしょうか?!

Cimg4788


当地は田園地帯では無いので、ホタルが飛び交うことはありませんが

想像するだけで幻想的な絵が想像できます。

Cimg4781


ホームセンターの園芸コーナーなどでは、改良種もあるそうですが

この自然の素朴さがいいですね。

白に微かな斑点の様な模様が活きます。

この周辺は草刈りに気を遣います。

2018年5月16日 (水)

小さな春の使者 メジロのヒナ

 こんばんは、陽だまりミカンの土居です。

日本中真夏の様な暑さです。

Cimg4674


今回はメジロのヒナの登場です。

巣立つ頃にはとても良い声で啼いています。

昔は、方言かもしれませんがこの頃のヒナを ”たちご” といって人気がありました。

 ”たちご” とは巣立つ頃のヒナといった意味でしょうか?

Cimg4692


この巣から、おっかなビックリで巣立ったばかりです。

私が驚かしてしまったからです。

まだ自由には飛べないようです。

Cimg4694


ミカンの木には、この他にホオジロやヒヨドリなども巣をつくります。

卵から孵ると二週間くらいで巣立つようです。

メジロの巣は体に合わせて小さく、繊細です。

Cimg4675_2


Cimg4695
この木は甘くて平らな 甘平 (カンペイ) です。

2018年5月15日 (火)

花ざかり 過ぎればすぐに 小さな実

  こんばんは 陽だまりミカン 土居です

Cimg4678


ミカン山ではもう小さな果実がなっています。これは愛果28号(べにまどんな)です。

今年は花のシーズンが10日程早く、4月中から花満開となっていました。

花ビラが散れば、そこには小さな果実がなっています。

Cimg4681


Cimg4684

この様に群れて成って居ますが、この中で残る、イヤ、残す果実は

花の段階からいえば、1%にも届きません。

イヤ、0.1%???

殆どは生理落果といって自分で落ちてしまいます。

二段階の生理落果があります。

Cimg4689


まだ花も咲いています。

果実が残るにも厳しい生存競争があります。

2017年8月 1日 (火)

日々最高気温更新か?!

  こんばんは 陽だまりミカンの土居です。

どなたの挨拶も「暑いですね~!」と、お決まりですがホントに暑い。

Cimg4038
これはスレート倉庫の温度計、38度に届きそうですが多めになります。

Cimg4039


これは日陰の涼しい場所なので実際の表示と思って下さい。

宇和島も日々この温度になっています。

家でも避難したい位です、山でも暑いけど・・・。

Cimg4040


こんなに暑いと大気が煙って見えます。

水蒸気が、海からドンドン蒸発しているからでしょうか?

Cimg4041


極力、体力維持に重点を置いて、熱中症など起こさない様に

ミカン山の仕事に頑張ります。

2017年7月22日 (土)

カラスウリ開花・・・夏の妖しい花

  こんばんは 陽だまりミカンの土居です。

今年も妖しい夏の花、「カラスウリ」が咲いています。

Cimg4023


どう見ても芸術的ですよネ-。

もっと早朝ですと、髭の様な花びらの先がもっともっと開いています。

ラグビーボールの様な形で、ゴルフボール大の実がなります。

白い縞の入った緑のボールです。

Cimg4024


地下にはさつまいもの小さい様な種芋があります。

(もし、欲しい方がいれば実費でお送りしてもいいかな?)

杉の防風垣の根本などによくあります。

鳥が運んでくるのでしょうネ。

Cimg4022


ツルの長さは、5メートル位にはなるものも、あると思います。

ツル植物のしぶとさには感心させられる事があります。

Cimg4025


これはただの電柱ですけど・・・。

2016年1月27日 (水)

あっさり雪解け

 こんばんは 「南君の陽だまりミカン土居農園」です。

さて今日ははや暖かさえ感じる日になってきました。

Cimg0819

昨日紹介した雪は見えません。

Cimg0820

当地は半島の先端で島の様なものなのです。

雪は、今回も松山は一切無く、

こちらにまでやってきて降るのです。

気流の流れがいいんですね。

2016年1月26日 (火)

南国にも積雪!

  こんばんは 陽だまりミカン土居農園です。Cimg0814_2

すっぽり覆われた寒気で積雪です。

冬場の日本海から関門海峡を通ってくる

雪雲には、いつも泣かされます。

Cimg0816


根雪にはなりませんけど・・・。

倉庫の収穫物には保温をしてやりました。

すぐに暖かくなるそうで、待ちわびています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー